Excel ブックの共有 校閲リボンにない場合の追加方法(Office365の規定は非表示です)

ブックの共有Excel
ブックの共有
この記事は約3分で読めます。

ブックの共有 校閲リボンにない場合の追加方法

Office365に切り替えた後に「ブックの共有」をしようと思ったら『校閲リボンの「ブックの共有」がない』といって戸惑っている方をよく見かけます。

今回はそんな方に「ブックの共有」を校閲リボンに追加する方法を説明していきます。

Office365ではかつての「ブックの共有」ではなく、「共有編集」を強くお勧めしているため既定(デフォルト)では「ブックの共有」は非表示となっています。
※「共有編集」…OneDrive、SharePointなどに配置されたExcelブックは複数人で編集することができるようになっています。

「ブックの共有」を校閲リボンに追加する方法

ファイルタブのオプションを開きます。

ファイルタブ
オプション

Excelのオプション画面で「リボンのユーザ設定」を開きます。

そして右側の「校閲」のプラスボタンをクリックして校閲リボン配下のグループを表示します。

Excelのオプション画面「リボンのユーザ設定」

「新しいグループ」ボタンをクリックします。

新しいグループが追加される

新しいグループが追加されました。名前はこのままでも構いませんが今回は「名前の変更」で「共有」(アイコンなし)とします。

名前の変更

OKボタンを押すと名前が「共有」に変わりました。

名前が「共有」に変わった

追加した「共有」グループに「ブックの共有」を配置していきます。

①すべてのコマンドを選択し、②「ブックの共有(レガシ)」を選択します。

③の追加ボタンを押すと共有の下に「ブックの共有(レガシ)」が配置されます。

ExcelのオプションのOKボタンを押して完了となります。

校閲リボンを開いてみましょう。

校閲リボンにブックの共有が追加された

校閲リボンに「共有」グループが追加され、「ブックの共有(レガシ)」が配置されました。

「ブックの共有」が校閲リボンから消えた理由

ちなみに校閲リボンから「ブックの共有」が消えた理由はOffice365にあります。

Office365ではOneDrive、SharePointが提供されており、そこに配置されたExcelは「共同編集」することが可能となっています。

「ブックの共有」は古い機能で制限が多数あったため、Microsoftとしては「共同編集」を推奨するため「ブックの共有」を校閲リボンから消したと推測されます。

ただ、実際は以前から使用しているファイルサーバでExcelファイルを管理しているなどの理由で「ブックの共有」が使用されているのが現状のように感じます。

そんな訳でまだまだブックの共有のお世話になる方が、Officeの切り替えで直面するのが校閲リボンに「ブックの共有」がないという事象となっています。

私も会社でOffice365を導入時に例に漏れず直面しました。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

今回の手順で校閲リボンに追加したコマンドは「ブックの共有(レガシ)となっています。わざわざ名前にレガシと入れることからもMicrosoftの意思を感じますね。

「共同編集」へのシフトが必要になるときが来るかもしれないということを頭の片隅にでも入れておいた方がよいかもしれません。(あくまでも私見です。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました