Excel セルの入力方法(3種類)とセルモード(準備完了、入力、編集、参照)

セルの入力方法とセルモードExcel
セルの入力方法とセルモード
この記事は約4分で読めます。

Excel2016使用

今回は3つのセル入力方法と画面左下に表示されるセルモード(準備完了、入力、編集、参照)についてご説明します。

Excel画面の左下に”準備完了”って書いてあるけど、何の意味があるの?と思った方はこのページ内のセルモードの説明をご覧になると理解していただけると思います。

セルの入力方法(3種類)

セルに入力する方法は以下の3種類あります。

セルの入力方法(3種類)
  • セルを選択してキーボードで入力をする
  • セルをダブルクリックする
  • セルを選択して「F2」キーを押す

それでは1つ1つ見ていきましょう。

セルを選択してキーボードで入力をする

B3セルを選択します。

B3セルを選択

そのままキーボードで「ああああ」と入力を始めます。

入力後のセルの状態

入力した「ああああ」が表示され、文字の最後にカーソルが表示されます。

カーソルが点滅している位置にキーボードで入力した文字が追加されていきます。

マウスで2文字目と3文字目の間をクリックするとカーソルが移動します。

カーソルが移動

この状態で「い」を入力します。

2文字目と3文字目の間に「い」が追加される

カーソルの位置に「い」が追加されました。

セルをダブルクリックする

何も入力されていないB2セルをダブルクリックします。

B2セルをダブルクリック

カーソルが表示されます。この状態で入力が可能なので「かかか」と入力します。

カーソルが表示されます

次は入力済みのB3セルの2文字目と3文字目の間でダブルクリックします。

2文字目と3文字目の間でダブルクリック

「う」を入力します。

「う」を入力します。

カーソルの位置に「う」が表示されます。

セルを選択して「F2」キーを押す

B2セルを選択します。

B2セルを選択します。

F2キーを押します。

F2キー

他の例と同様にこの状態で入力するとカーソル位置に文字が追加されます。

カーソル位置に文字が追加

「き」が追加されました。

セルモード(準備完了、入力、編集、参照)

セルの入力にはセルモードと呼ばれる以下の4つのモードがあります。

セルモード内容
準備完了入力していない状態
矢印キーでセル移動する
入力入力可能な状態
矢印キーでセル移動する
編集入力可能な状態
矢印キーでカーソルが移動する
参照入力中にセルの参照中
矢印キーで参照先のセルを選択するカーソルが移動する

準備完了

準備完了はセルにカーソルがない状態(入力も編集もしていない状態)の時に表示されます。

ちなみにセルモードは画面左下に表示されます。

ステータスバー

入力

以下の方法でセルを入力しようとしたときはセルモードが「入力」となります。

  • セルを選択してキーボードで入力をする
  • 空白セルをダブルクリックする

A2セルをダブルクリックします。

空白セルをダブルクリック

この状態で矢印キーを押すとセル位置が移動します。

右矢印キーを押すとセル位置が右に移動します。

右矢印キーを押すとセル位置が右に移動します。

編集

以下の方法でセルを入力しようとしたときはセルモードが「編集」となります。

  • セルを選択してF2キーを押す
  • 入力済みのセルをダブルクリックする

B2セルでF2キーを押します。

B2セルでF2キーを押します。

この状態で矢印キーを押してもセル位置は移動せずにカーソルが移動します。

左矢印キーを1回押すとカーソルが左に移動します。

左矢印キーを1回押すとカーソルが左に移動します。

編集モードから入力モードに変更したい場合はF2キーボタンを押します。

編集モードから入力モードに変更

もう一度、F2キーを押すと「編集」になります。

このようにF2キーを押すと「入力」「編集」を入れ替えることができます。

参照

数式を入力中に他セルを選択している状態が「参照」となります。

C2セルに「=」を入力します。

C2セルに「=」を入力

入力モード中なので左矢印キーでB2セルを参照します。

左矢印キーでB2セルを参照

セルモードが「参照」になりました。

この例では「入力」モードのため矢印キーで参照できますが、「編集」モードの場合はマウスで選択するかF2キーを押してから矢印キーで参照できるようになります。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

今回はExcelの基本中の基本となるセルの入力方法をご紹介しました。

振り返りましょう。

セルの入力方法(3種類)
  • セルを選択してキーボードで入力をする
  • セルをダブルクリックする
  • セルを選択して「F2」キーを押す
セルモード
  • 準備完了(入力していない状態、矢印キーでセル移動)
  • 入力(入力可能な状態、矢印キーでセル移動)
  • 編集(入力可能な状態、矢印キーでカーソル移動)
  • 参照(入力中にセルの参照中、矢印キーで参照先の選択するカーソル移動)

動作は知っていてもセルモードについてはご存じない方も多く見受けられます。

F2キーを使って「入力」と「編集」を切り替えて、矢印キーの動きを変えることでマウスに持ち替えずに矢印キーでカーソルやセル移動ができるため、ほんの少しですが時短ができます。

是非、F2キーで「入力」「編集」が切り替えられるということは覚えていってくださいね。

Excelをもっと勉強したい方にお勧めの本です。
興味のある方はご覧になってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました