スポンサーリンク

Excel COUNT関数/COUNTA関数 範囲内のセルを数える

COUNTとCOUNTAExcel関数(基本)
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

COUNT関数/COUNTA関数

今回は指定したセル範囲内でセルを数える関数を2つご紹介します。

  • COUNT関数
  • COUNTA関数

違いは数える対象です。
COUNT関数は「数値の入ったセルの数」、COUNTA関数は「文字列のセルも含めた数」です。

それでは解説していきます。

COUNT関数

指定したセル範囲の中で数値の入ったセルの個数を求めるのがCOUNT関数です。

COUNT(値1,値2,…)
範囲内の、数値が含まれるセルの個数を返します。

Excel 関数の挿入

引数には以下が使用できます。

  • 数値
  • セル参照
  • 名前

※「名前」は数式(リボン)にある「名前の定義」で作成した名前を引数に指定できるという意味で中身はセル参照と同じです。

例1 引数に数値を指定した場合

COUNT(数値を指定)

例2 引数にセル参照(範囲指定)を指定した場合

COUNT(セルを指定)

例3 引数に「名前」を指定した場合

COUNT(名前を指定)

同じセル範囲を何度も指定する場合は「名前」を付けると便利です。
「名前」の参照範囲を変更するとその名前を使用している計算式の参照範囲がすべて変わるので、変更が楽になります。

COUNT関数の注意事項

あくまでも数値のセルの個数を返してくる関数のため文字列のセルは含まれません。

見た目が数字であっても文字列の場合はカウントされないため注意してください。

A2からE2セルの中でE2セルだけ文字列となっていると結果は「4」となる

文字列はCOUNT関数の対象外

COUNTA関数

文字列のセルも含めた個数を求める場合は「COUNTA関数」を使います。
指定した範囲の空白以外のセルの個数が結果として返ってくる関数となります。

COUNTA(値1,値2,…)

範囲内の、空白でないセルの個数を返します。

Excel 関数の挿入

使用例

COUNTA関数の例

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

COUNT関数/COUNTA関数と似ているので間違いやすいですね。
数値のみ数えるCOUNT関数と値が入っているセルを数えるのがCOUNTA関数ですのでしっかり覚えましょう。

もっとエクセルを使いこなしたい人にお勧めの本は以下です。
具体的なケースを例示しながら解説してくれているのでとても分かりやすいです。
まさに「最強の教科書」となる1冊です。
興味のある方は是非ご覧になってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました