Excel COUNTIF関数 条件付きでセルの個数をカウントする

COUNTIF関数Excel関数(基本)
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

COUNTIF関数

COUNTIF(範囲,検索条件)
指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返します。

Excel 関数の挿入

COUNT関数・COUNTA関数を条件付きにした関数です。
指定した範囲の中で検索条件と一致するセルをカウントします。

例1 検索条件に指定した文字と一致するセルとカウントする


検索条件には「式」を指定することができます。「式」に使用できる記号は以下となります。

記号内容数値の例数値以外の例
=一致=100”=おにぎり”
<>不一致<>100”<>おにぎり”
>より大きい>100”>2020/4/1”
<より小さい<100”<2020/4/1”
>=以上>=100”>=2020/4/1”
<=以下<=100”<=2020/4/1”

例2 「<>」不一致記号を使用した例

〇と不一致のセルをカウントします。

上記例のように”〇”以外が不参加にカウントされるので、”△”とか”行けたら行く”的な幹事泣かせの人は不参加にカウントすることができます。

COUNTIF関数はかなり使い勝手のよい関数です。上記例のように出欠確認ではかなりの確率で使用されている気がします。それ以外にもたくさんあります。

応用:COUNTIF関数を使って重複確認する

COUNTIF関数を使って指定した範囲内に同じ内容が入っているかチェックすることができます。

A3からA12のセルの中でA3セルと同じ値のセルをカウントする指定をします。重複した内容が存在する場合は2以上が表示されます。

上記の例ではA3,A8,A9,A12が「A1」となっているため関数の結果が「4」となり重複しているじょうたいとなります。B3セルの計算式をB12セルまでコピーすると同じように重複があるかどうか確認できます。

データ件数が多いときには上記のB2からB12のように計算式を入力し1以外をフィルタ機能で絞り込むことで重複しているものだけ抽出したりすることが可能です。

もっとエクセルを使いこなしたい人にお勧めの本は以下です。
具体的なケースを例示しながら解説してくれているのでとても分かりやすいです。
まさに「最強の教科書」となる1冊です。
興味のある方は是非ご覧になってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました