Excel CSVファイルを表示する

CSVファイルExcel
この記事は約7分で読めます。

CSVファイルの表示

CSVファイル(Comma Separated Value)とはテキストデータが”,”(カンマ)で区切られているファイルのことをいいます。

WEB上でデータをエクスポートするときのファイル形式でCSVファイルを見かけますが、社内システムからのデータ提供にもよく使われているので皆さんの中にも使う機会が多い方はいらっしゃるかもしれません。

CSVファイルはエクスプローラーからダブルクリックするとExcelで表示されることが多いと思います。アイコンもちょっと似てるので「Excel」の類似品と思う人もいるかもしれませんが、全く別物でCSVファイルはただのテキストファイルとなります。

試しにサクラエディタ(フリーのテキストエディタ)で開いてみましょう。

右クリックでSAKURAで開く
サクラエディタで開いた状態

このように値と値の間が”,”(カンマ)で区切られたテキストファイルとなっています。

このファイルをExcelで開くには2つの方法があります。

  • エクスプローラからダブルクリックしてExcelで表示する
  • データ(リボン)の「テキストまたはCSVから」を使用してExcelに取込む

お手軽なのは1つ目ですが、場合によっては2つ目で取り込む必要があります

エクスプローラからCSVファイルをダブルクリック

CSVファイルをエクスプローラーからダブルクリックするだけでExcelが起動され内容が表示されます。

CSVファイルをダブルクリック

Excelが起動されて表示されます。

Excelで表示

CSVファイル内のカンマで区切られた値ごとにセルを分けて表示し、改行コードで行が変わっています。

この方法の場合はExcelが自動でデータの内容を判断して表示形式を決定します。

ヘッダ表示形式備考
背番号標準標準の数値として表示されています
HG標準標準の文字列として表示されています
名前標準標準の文字列として表示されています
Pos.標準標準の文字列として表示されています
出生地標準標準だが文字列として表示されています
生年月日日付日付として表示されています
身長/体重標準標準の文字列として表示されています
出場標準標準の数値として表示されています
ゴール標準標準の数値として表示されています

生年月日以外は「標準」が適用されています。

ダブルクリックで起動する場合の注意事項が2つあります。

  1. ゼロ落ち
  2. 文字化け

ゼロ落ち

「ゼロ落ち」とはコード値などの数字のみの値で先頭の0(ゼロ)が消える現象です。

表示形式「標準」ではセルの値からExcelが自動判別するため、数字のみであれば「数値」と判断します。数値の場合は有効な値として先頭の0が落とされ右詰表示されます。

上記例で表示したCSVファイルも背番号はテキストエディタで見ると2桁の数字ですが、Excelで表示されると数値となり1桁の数値になっている行があります。

ゼロ落ち

このようにエクスプローラーからダブルクリックで起動する場合は「ゼロ落ち」のような表示形式に注意する必要があります。

この場合は後述する「テキストまたはCSVから」を使用して取り込む必要があります。

文字化け

Excelで扱えない文字コード「UTF-8」などは文字化けが起きます。

UTF-8のファイル
文字化けの例

Excelを開いた後ではどうにもならないので、一度閉じて以下の2つの方法で解決します。

  • 元のCSVファイルの文字コードを変更する
  • 「テキストまたはCSVから」を使用してExcelに取り込む

2つ目はもう一つのCSVファイルを開く方法のため後述します。1つ目についてはExcelではなくテキストエディタで実施する必要があるので、「メモ帳」もしくはフリーのテキストエディタで実施ください。

メモ帳とサクラエディタ(フリーソフト)の文字コード変更方法をご確認ください。

■メモ帳の文字コード変更方法

  • 対象ファイルを「メモ帳」で開く
  • ファイル>名前を付けて保存を選択する
  • 文字コードのプルダウンから「ANSI」を選択し保存ボタンを押す
メモ帳の保存

■サクラエディタの文字コード変更方法

  • 対象ファイルを「サクラエディタ」で開く
  • ファイル>名前を付けて保存を選択する
  • 文字コードセットのプルダウンから「SJIS」を選択し保存ボタンを押す
サクラエディタの保存

ダブルクリックで表示する方法は以上となります。簡単で便利ですが「ゼロ落ち」「文字化け」にご注意ください。

「ゼロ落ち」「文字化け」が発生しても焦らず冷静に「テキストまたはCSVから」を使用して取り込みをしてください。

それでもだめなら提供元に問い合わせをしましょう。

データ(リボン)の「テキストまたはCSVから」を使用してExcelに取込む

ダブルクリックの説明で「ゼロ落ち」「文字化け」の解消方法になると書きましたので、解消方法も含めてご説明いたします。

※Excel2016を使用してご説明いたします。

手順は以下となります。

  • Excelファイルを開き、データ(リボン)の「テキストまたはCSVから」を押す
  • 取り込み対象のCSVファイルを選択しインポートボタンを押す
  • プレビュー画面で文字コード、区切り文字、データ型検出を選択 ※文字化け解消
  • 「データの変換」でPowerQueryを起動し取込み内容を指定 ※ゼロ落ち解消
  • 「閉じて読み込む」ボタンを押す

では1つずつご説明します。

Excelファイル(新規でも既存のExcelファイルでも可)を開き、データ(リボン)の「テキストまたはCSVから」をクリックします。

テキストまたはCSVからボタン

取り込み対象のCSVファイルを選択しインポートボタンをクリックします。

取込みファイルを指定

プレビュー画面が表示されます。

プレビュー画面では元のファイルの文字コード、区切り記号、データ型検出方法の指定ができます。

指定内容
元のファイル対象ファイルの文字コードを指定します
区切り記号CSVの”,”(カンマ)区切り以外の場合に区切り記号を指定します
(タブ、スペース、コロン、セミコロンなど)
データ型検出デフォルトでは200行のデータ確認した結果でデータ型を判定しているが、ファイル全体や検出しないを指定することができます。
文字化け

文字コード「UTF-8」のファイルを選択したため文字化けが発生しています。

文字化けを解消するため、「元のファイル」を「65001:Unicode(UTF-8)」に変更します。

文字コードをUTF-8に変更

これで文字化けが解消します。

プレビュー画面で見ると背番号が「ゼロ落ち」しています。

「ゼロ落ち」を解消するために「データの変換」ボタンを押して、PowerQueryを起動します。

PowerQuery

PowerQueryでは取込み内容を指定することができます。

データ型の変更、取り込み列の選択、列の分割、列の追加など様々なことが指定できます。これはExcel2016以降に登場した機能で以前の取り込み方法に比べて大幅に変更となっています。今回は「ゼロ落ち」の解消のため、データ型を変更のみのご紹介としその他については別の機会に説明します。

背番号を選択し、ホーム(リボン)の「データ型:整数」をテキストに変更します。

データ型の変更

列タイプの変更画面が表示されるので「現在のものを置換」を押します

列タイプの変更
ゼロ落ちが解消された

これでゼロ落ちが解消されました。

PowerQueryでの編集を終えたら「閉じて読み込む」ボタンを押すとExcelにCSVファイルがインポート(取り込み)されます。

閉じて読み込む

新しいシートにCSVファイルの内容がテーブルとして表示されます。

Excelのテーブル機能を解除したい場合はテーブルデザイン(リボン)の「範囲に変換」を押すとテーブルが解除されます。

範囲に変換

以上が「テキストまたはCSVから」を利用したCSVファイルの取り込みとなります。

まとめ

CSVファイルの取り込みに関してよくある課題「ゼロ落ち」「文字化け」を交えてご紹介いたしました。

ただCSVファイルからの取り込みはExcelで作成していないデータを取り込むという特性上Excel側が想定していない事態が他にも発生することがあるかと思います。

取り込んだデータが問題ないかは必ず確認するように心がけてください。

問題があった場合はデータの作成元に問題がある可能性があるため、あまり悩みすぎずに作成元に問い合わせすることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました