スポンサーリンク

Microsoft EdgeのIEモード設定方法(IE11サポート期限:2022年6月15日)

IEモード雑記
IEモード
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

MicrosoftからInternetExplore11(IE11)のサポートが2022年6月15日で終了するとリリースがありました。

それを受けて、各ユーザはブラウザーの乗り換えを行う必要が出てきました。

ですが、日本では社内システムをInternetExploreを前提として作成されてるものが多く、おいそれとブラウザーの変更することはできません。(ActiveX、VBScriptなどはIEでしか動作しないので、プログラムの置き換えは大変なんです。)

そんな人たちのための救済手段が「EdgeのIEモード」です。

今回はその設定方法と使用方法をご紹介します。
また、2021年8月時点で判明しているEdge IEモードのサポート期限についてもご紹介します。
※画像・操作手順は2022年4月に更新しています。

EdgeのIEモード設定方法

以下の5ステップで簡単に設定ができます。

  1. 右上の「…」をクリックする
  2. 「設定」をクリックする
  3. 設定ページの「既定のブラウザー」をクリックする
  4. 「Internet Explorer モードでサイトの再読み込みを許可」を「許可」に変更する
  5. 「再起動」ボタンをクリックする

以下の画像を参考にしてください。

(Edgeの設定ページを開く)

IEモード設定1

(設定ページ)

既定のブラウザーで「Internet Explorer モードのサイトの再読み込みを許可」が表示されていない場合、ActiveDirectoryのグループポリシー設定もしくはレジストリの変更で有効化する必要があります。

会社や学校などで利用する場合は、それぞれ方針があるのでActiveDirectoryの管理者さんにお問い合わせいただくことをお勧めします。

きっと管理者さんが設定してくれます。(たぶん)

EdgeのIEモード使用方法

現在開いているページをIEモードで再読み込みする手順を解説します。

  1. IEで表示したいサイトを表示します
  2. 右上の「…」をクリックする
  3. 「Internet Explorer モードで再度読み込みする」をクリックする

IEモードで表示されるとアドレスバーのアイコンがIEに変わり、ブラウザーの上部にメッセージが表示されます。

IEモードを終了したい場合は「終了」ボタンを押します。

■注意事項
F5や更新ボタンをクリックしてもIEモードは継続されますが、アドレスバーのURLを選択してEnterキーを押下するとIEモードが解除されます。

補足
ActiveDirectoryのグループポリシーを使って、対象URLをEdgeで開く際に自動でIEモードで表示させる方法もございます。
AD配下のユーザはIEモードで開くURLを意識する必要がなく、対象URLを一元管理できるのでお勧めです。
ただし、ActiveDirectoryの管理者が設定する必要があるため、管理者へお問い合わせください。

Edge IEモードのサポート期限

ひとまずIE11のサポート切れはEdgeのIEモードで回避できますが、このIEはいつまで使えるのか気になるところです。

こちら公式に「いつまで」と決まっていませんが少なくとも2029年まではサポートされる予定です。

Windowsのブログで以下の記載があります。

Microsoft Edge の Internet Explorer モードは、少なくとも 2029 年まではサポートする予定です。

Microsoft Windows blog 「Internet Explorer は Microsoft Edge へ – Windows 10 の Internet Explorer 11 デスクトップアプリは 2022 年 6 月 15 日にサポート終了」より

IE モードのサポートは、これまでのポリシーステートメントに従い、Internet Explorer ブラウザアプリケーションのサポート期間と同じです。IE モードは、インストールされた製品 (Windows OS) のライフサイクルポリシーに従い、少なくとも 2029 年までサポートされます。

Microsoft Windows blog 「Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了 – 発表に関連する FAQ」より

あくまで予定ですがMicrsoftの発言であるので、今のところはそのつもりのようです。

まとめ

IE11のサポート終了のニュースは2021年5月に流れましたが、私の職場では結構ざわつきました。

サポートが切れる前にEdgeのIEモードを利用できるように準備しましょう。

ちなみにMicrosoftとしては基本は「Edge」を利用することを推奨しています。
セキュリティ面ではIEより強固であることが理由の1つです。
IEモードでは「Edge」の強固なセキュリティが利用できないため、必要最低限の利用にすることをお勧めします。

何でもかんでもIEモードで表示せず、IEモードでしか表示できないページのみを対象として利用するようにしましょう。

前述のとおりEdgeのIEモードは2029年までは利用できる予定です。
それまでにはIEを前提としたシステムが対応できているといいですが、きっと2028年にまた大騒ぎしそうですね。
そうやって世界は回っています(笑)

以上、参考になったらうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました