スポンサーリンク

Excel 便利なショートカット(よく使う10種類、移動8種類、おすすめ13種類)

ショートカットキーで時短しようエクセル(Excel)
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

Excel2016使用

ショートカットキー

ショートカットキーが早くて便利な理由が「一手」で終わるからです。

例えばコピーの方法として「右クリックメニューからコピーをクリックする」場合は以下の手順となります。

  • コピー元のセルで右クリックする
  • コピーをクリックする

2手かかります。これがショートカットキーであれば「Ctr+c」で終わりです。

コピー&ペーストでマウス操作は4手、ショートカットキーは2手となり、その差はたった2手のように見えますが、Excelを操作していると頻繁にコピー&ペーストが行われるため手数の差は大きくなります。

またキーボード操作中にマウスに持ち替えることが不要となります。これも地味に時短効果があります。

ここでは3つに分けてショートカットキーをご紹介します。

  • よく使うショートカット
  • 移動のショートカット
  • 便利なショートカット ※ココッチのおすすめ

覚えるコツはとにかく使うことです。

※Windowsでのショートカットとなります。

よく使うショートカット 10種類

よく使うショーっとカットは基本的なショートカットなので是非覚えましょう。

操作ショートカットキー備考
ブックを開くCtr + O
ブックを閉じるCtr + W
上書き保存Ctr + S
切り取りCtr + X
コピーCtr + C
貼り付けCtr + V
元に戻すCtr + Z
やり直すCtr + Y
検索Ctr + F検索ダイアログが表示されます
置換Ctr + H置換ダイアログが表示されます

この辺のショートカットはExcelに限らず他のアプリでも共通していることが多いので是非覚えましょう。

移動のショートカット 8種類

シート内のセル移動およびシートの移動もショートカットがあります。

操作ショートカットキー備考
右端へ移動Ctr + →(右方向キー)値のあるセルで実施する場合は右方向に連続したセルの端へ移動します
空白セルでは右方向に最初に値のあるセルへ移動します
左端へ移動Ctr + ←(左方向キー)値のあるセルで実施する場合は左方向に連続したセルの端へ移動します
空白セルでは左方向に最初に値のあるセルへ移動します
上端へ移動Ctr + ↑(上方向キー)値のあるセルで実施する場合は上方向に連続したセルの端へ移動します
空白セルでは上方向に最初に値のあるセルへ移動します
下端へ移動Ctr + ↓(下方向キー)値のあるセルで実施する場合は下方向に連続したセルの端へ移動します
空白セルでは上方向に最初に値のあるセルへ移動します
A1セルに移動Ctr + HOME一番左上のセルに移動します
終端へ移動Ctr + END表などの一番右下のセルへ移動します
右のシートへ移動Ctr + PGDN右側のシートへ移動します
左のシートへ移動Ctr + PGUP左側のシートへ移動します

この移動のショートカットはいわば「ワープ」です。

「Ctr + ↓」で一瞬でシートの一番下までワープします。

ワープ

このセルの移動をショートカットで表の端への移動がスムーズになります。データ量が多ければ多いほど効果がでます。是非普段から利用して移動する感覚を身につけましょう。

便利なショートカット 13種類

操作ショートカットキー備考
フィルタをかけるCtr + L
テーブルにするCtr + T
全選択Ctr + A対象セルが含まれるデータをすべて選択します
当日日付Ctr + ;(セミコロン)
現在時刻Ctr + :(コロン)
セルの書式設定Ctr + 1セルの書式設定画面が表示されます
取り消し線Ctr + 5セルの値に取り消し線を引く
外枠罫線を引くCtr + Shift + &(アンパサンド)
罫線を消すCtr + Shift + _(アンダーバー)
右方向へコピーCtr + R
下方向へコピーCtr + D
セルの編集F2
①絶対参照
②直前操作
F4①セル編集中は絶対参照の設定
1回:&A&1 (列行の固定)
2回:A&1 (行の固定)
3回:&A1 (列の固定)
②ひとつ前の操作をする

これは私が実際によく利用するショートカットです。

地味に便利なのが「F4キーの直前操作」です。同じ操作を異なるセルに大量にする場合に「F4キー」だけで何度も繰り返し同じ操作ができるので場合によっては重宝しています。

たとえば以下のシートのC3からH3セルを結合します。

F4キー前

同様に4行目も結合したいがコピペすると罫線までコピーされてしまうため、「F4キー」で直前と同じ操作を実行します。

F4キー後

あくまでも「直前の操作」のため「セルの結合」に限った話ではないので使い勝手は広がります。是非使ってみてください。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

ショートカットキーはほかにもたくさんありますが、今回ご紹介したショートカットキーだけでもかなりの時短ができると思います。

ショートカットを覚えると作業効率が格段に上がります。

是非、たくさんショートカットを使って身に着けていきましょう。

以上、あなたの参考になったらうれしいです。

もっとエクセルを使いこなしたい人にお勧めの本は以下です。
具体的なケースを例示しながら解説してくれているのでとても分かりやすいです。
まさに「最強の教科書」となる1冊です。
興味のある方は是非ご覧になってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました