Excel ファイルを開くときに読み取り専用を推奨する

読み取り専用を推奨するExcel
読み取り専用を推奨する
この記事は約3分で読めます。

Excel2016使用

ファイルを開くときに読み取り専用を推奨する

Excelファイルを開くときに以下のメッセージがでることがあります。

読み取り専用を推奨するメッセージ

「はい」を押すと読み取り専用で開き編集しても上書き保存ができなくなり、「いいえ」を押すと編集することができます。

少人数のチームで編集する人を限定したり、なるべく編集してほしくないファイルに設定します。絶対に変更させたくない場合はパスワード設定をお勧めしますが、そこまでではない場合はこちらがパスワード管理が不要なので「読み取り専用の推奨」をおすすめします。

今回はこのメッセージを出すように設定する方法をご紹介します。

読み取り専用を推奨する方法

基本的にはパスワード設定度同様に「名前を付けて保存」のツールにある「全般オプション」を使用します。

ファイルタブを選択します。

ファイルタブ

「名前を付けて保存」を選択し、以下②の「その他オプション」をクリックします。

ファイルタブで「名前を付けて保存」を選択

名前を付けて保存画面のツールのプルダウンから「全般オプション」を選択します。

名前を付けて保存画面でツールのプルダウンを開く

全般オプション画面で「読み取り専用を推奨する」にチェックを付けます。

OKボタンを押して「名前を付けて保存」に戻り、保存ボタンを押して保存します。

保存して完了

一度ファイルを閉じて再度開くとメッセージが表示されます。

エクスプローラーから起動
読み取り専用を推奨するメッセージ

「はい」を押すと読み取り専用で開きます。

読み取り専用で開かれました

読み取り専用で開きました。

「いいえ」を押すと編集できる状態で開きます。

編集可能状態で開きました

ちなみに読み取り専用の推奨で「はい」を押してファイルを開いたけど、思わず編集してしまった場合は開きなおさずに読み取り専用を解除することができます。

詳しい方法は以下のページの「読み取り専用を推奨され「はい」を押して開いた場合」に記載していますのでご興味のある方はご覧ください。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

この「読み取り専用を推奨」と同様に編集可能な人を制限する方法としてはパスワードを設定する方法もあります。

ただしパスワード管理が煩雑なこともあり、「読み取り専用の推奨」のほうが手軽で緩い形で編集を抑制することができます。

あまり厳しい制限をする必要がないような小規模のチームでは手軽に利用できるので便利です。

実際、私の職場ではパスワード設定より「読み取り専用を推奨」のほうがよく使われます。読み取り専用を推奨された場合は編集を依頼されていない限り「はい」を選ぶことが暗黙のルールとして存在します。

みなさんも編集不要であれば「はい」を選択したほうが余計なトラブルが避けられるのでお勧めします。

少しキツメの制限をかけたい場合は、パスワードを設定することをお勧めします。

パスワードの設定方法は以下を参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました