【お金の基礎知識】お金が2倍になる期間が計算できる「72の法則」

72の法則FIREへの道
72の法則
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

本稿では投資に関する話題がありますが投資を推奨するものではございません。
投資は元本割れのリスクがあるのですべてご自身の責任においてお願いします。
当ブログにより被った損害について一切の責任を負いかねます。

「72の法則」とは

あなたは「年10%の資産運用で元金が2倍になる期間がわかりますか?」と聞かれて答えられるでしょうか?

資産運用では複利の力を使って増やしていきます。
複利の計算は複雑なので暗算でパッと答えられませんよね。

ですが「72の法則」を利用して計算するとすぐにおおよその年数が計算できます。

計算式は以下です。

72 ÷ 金利 ≒ 年数

72÷10で「7.2年」となります。

7.2%の運用では10年、5%の運用では14年、簡単に計算できます。

ちなみに1%から10%までの計算結果を表にしました。
あなたの資産運用の年利を確認して、今の資産が倍になる年数を確認しましょう。

金利計算式年数(おおよそ)
1%72÷172年
2%72÷236年
3%72÷324年
4%72÷418年
5%72÷514.4年
6%72÷612年
7%72÷710.3年
8%72÷89年
9%72÷98年
10%72÷107.2年

100万円を年7.2%の運用した場合のシミュレーション

100万円を年7.2%の運用した場合、10年後に2倍の「200万円」となります。
さらに10年後は「200万円」の2倍、「400万」(当初の4倍)となります。
さらに10年後は「400万円」の2倍、「800万」(当初の8倍)となります。

10年ごとに倍になります。
すごいと思いませんか?
私はこれを知ったときは純粋に「すげぇ」と思いました。

100年後までシミュレーションしてみました。

100万円を100年運用

100年後には生きてないですが、今の100万円が100年たったら10億円になります。

でも「シミュレーションはわかったけど、実際に7.2%の資産運用なんてできるの?」という疑問がでてきます。

アメリカの有名な指数である「S&P500」では、6%から9%程度は期待できるといわれています。
S&P500に連動した投資信託・ETFであれば可能かもしれません。

参考:「S&P500」はアメリカの優良企業500社の「時価総額加重型」の指標です。
   企業の中にはアップル、フェイスブックなど超優良企業がはいってます。

ただし、私としてはアメリカだけに集中投資することは、すこしリスクがあるかなと思います。

いくら経済大国1位で勢いがあるアメリカであっても、その勢いを今後10年、20年も継続することは難しいと考えています。
実際に中国の追い上げがあることや、新興国の成長に勢いが出てくることがあります。

そのため私は全世界を対象としたインデックス投信にしています。
S&P500には敵いませんが、全世界といっても半分はアメリカに投資している商品もあり、アメリカの勢いの恩恵を受けつつも、他の国にも分散して投資することでリスクを低減させることができます。

以下の記事で何を購入しているか具体的にご紹介しています。
興味のある方はご覧になってみてください。
ただし、ここで購入している国債は現時点では切替を検討しているので参考程度にしてください。
投資信託のほうをご参照ください。

他の金利を計算してみましょう。

銀行の普通口座の金利

2021年6月時点、銀行の普通口座は年0.001%なので7200年でお金が倍になります。
随分と壮大な時の流れですね。

いかに銀行の金利が低いかがわかりますね。

消費者金融の金利

消費者金融でお金を借りた場合、一般的には18%となります。
72÷18で4年で2倍になります。

借金は4年で2倍になると考えたら、とても怖くて借りられませんね。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。
以下の3点を中心にご紹介しました。

  • 72の法則を使った計算式は「72 ÷ 金利 ≒ 年数」です。
  • 5%で14.4年、10%で7.2年でお金が2倍になります。
  • 7.2%では100万円が100年後には10億円になります。

「こんな計算をしてどうなるの?」という疑問が上がってくると思います。

これは資産運用をしていると「いつどのくらい増えているか」と考えることが多くなります。
そんな時の目安の一つとなるのが「72の法則」を使った計算となります。

今後の計画を立てる上でもとても重要なな計算となります。

私は「今の資産を5%で運用して14.4年で倍になったとしても足りないな~」とかたまに考えています。

そして足りないと思ったら
支出を減らしたり、収入を増やす方法を考えてみたり、もっとやれることをないかなと考えたりします。

あなたも72の法則を使って、資産が何年後に倍になるのかを知り、その金額が十分な金額か、足りないかを検討してみることをお勧めします。

ただし、1点注意事項があります。
仮に不足しているからといってケチって今しかできない経験や自分への投資、良い人間関係の構築をやめてはお勧めできません。

いくら30年後に経済的に豊かになっても、人としての豊かさが不足していたら、少し悲しいです。

「今しかできないことは今やりましょう。」

今の充実が未来の自分を育てるので、そこらへんはバランスをとって、投資先を「お金」か「自分」かをしっかり考えましょう。

以上、あなたの参考になったらうれしいです。

お金にまつわる基礎知識をもっと知りたいという方にお勧めの1冊が「お金の大学」です。
こちらはYoutubeでも大人気の両学長@リベラルアーツ大学が出版した本です。
学長とリーマン君の会話のやり取りで話が進んでいく内容でとても読みやすく、わかりやすく解説してくれています。
是非、ご覧になってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました