Excel SUMIFS関数 複数条件で合計する

SUMIFS関数Excel
この記事は約2分で読めます。

SUMIFS関数

SUMIFS(合計対象範囲,条件範囲,条件,…)
特定の条件に一致する数値の合計を求めます

Excel 関数の挿入
引数内容
合計対象範囲合算される数値の対象範囲を指定する
条件範囲条件と合致するかを探す対象範囲を指定する
条件条件範囲を対象とした合致する条件を指定する

条件範囲と条件の組み合わせを複数指定することで複数条件を指定した合計が行えます。SUMIF関数の条件を複数にした関数です。

SUMIFS関数をはじめとした「xxxxIFS関数」というシリーズはExcel2007から登場した関数です。以前のバージョンでは存在しないため、SUM関数の配列数式で代用していましたが、この「xxxxIFS関数」が登場して個人的には配列数式を使わなくなりました。

以下の表でSUMIFS関数を使って「新宿本店」の「おにぎり」の合計を求めてみましょう。

今回はコピーがしやすいように合計対象範囲、条件範囲1、条件範囲2を「絶対参照」として、条件1と条件2を「相対参照」にしています。それでは計算式をコピーして「新宿本店・カップ麺」「新宿本店・サンドイッチ」に貼り付けてみましょう。

合計対象範囲、条件範囲1、条件範囲2は変わらず、条件1、条件2だけズレているので意図したとおりにコピーされました。

※絶対参照と相対参照についてはこちらを参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました