Excel UPPER関数 英字の小文字を大文字に変換する

UPPER関数Excel
UPPER関数
この記事は約2分で読めます。

UPPER関数

英字をすべて大文字に変換するのがUPPER関数です。

UPPER(文字列)

文字列に含まれる英字をすべて大文字に変換します。

Excel 関数の挿入

小文字や大文字が不規則に入力されている英字は見た目がよくないので揃えたくなりますが、大量にあるとさすがに入力するのは難しいので関数を使用して揃えていきます。

すべて大文字で揃えたい場合はUPPER関数を使用します。

引数には以下が使用できます。

引数内容
文字列大文字に変換する文字列を指定します。

文字列に指定する文字列は全角/半角のどちらでも大文字に変換します

また文字列の一部が英字であっても英字部分だけ大文字に変換してくれます。

UPPER関数の使用例

以下のパターンをご紹介します。

  • 半角英字
  • 全角英字
  • 混在文字(全角の日本語、半角英字、全角英字)

半角英字の例

B列の半角英字を大文字に変換するため、C2セルに以下の式を入力します。

=UPPER(B2)

半角英字を大文字に変換

結果は以下となります。

半角英字を大文字に変換した結果

半角の大文字に変わりました。

全角英字の例

B列の全角英字を大文字に変換するため、C2セルに以下の式を入力します。

=UPPER(B2)

結果は以下となります。

全角英字を大文字に変換

全角の大文字に変わりました。

混在文字(全角の日本語、半角英字、全角英字)

全角の日本語、半角英字、全角英字が混在している「北海道-Hokkaido-Hokkaido」を、UPPER関数を使用して半角英字と全角英字が大文字に変換します。

混在文字

B2セルに以下を入力します。

=UPPER(A2)

UPPER関数を使用して半角英字と全角英字が大文字に変換

半角英字と全角英字が大文字に変換されました。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

UPPER関数の使い方はとても簡単です。

大量の英字を大文字に変換するのは手作業では時間のかかる作業のため、UPPER関数でサクッと終わらせてしまいましょう。

また、英字を変換する関数は他にもLOWER関数(小文字に変換する)、PROPER関数(先頭を大文字にする)があります。

3つセットで是非覚えてください。

使い方は以下のページをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました