スポンサーリンク

Excel WORKDAY.INTL関数の使い方 土日以外の休日を指定して日数を計算する関数

WORKDAY_INTL関数の使い方Excel関数(応用)
WORKDAY.INTL関数の使い方
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

WORKDAY.INTL関数

WORKDAY関数は「土日」と「祭日」を除いて指定した日数後(前)を算出していましたが、土日以外の休日を指定できるのがWORKDAY.INTL関数です。

WORKDAY.INTL(開始日,日数,週末,祭日)

ユーザ定義の週末パラメータを使用して、指定した日数だけ前あるいは後の日付に対応するシリアル値を計算します。

Excel 関数の挿入

「土日」が定休日ではない場合にはWORKDAY関数は使用ができませんでしたが、こちらのWORKDAY.INTL関数は第3引数に指定した「週末」の値によって休日を自由に設定ができます。

引数には以下が使用できます。

引数内容
開始日起点となる日付を指定します
日数週末、あるいは祭日を除く日数を指定します
週末省略可能:週末番号(1~17)を指定、もしくは週末の文字列(7文字の2進数)を指定します。
祭日省略可能:国民の祝日などの日数を計算に入れないため対応する日付のシリアル値を指定します

「週末」に指定する週末番号は以下となります。

週末番号週末の曜日備考
1土、日省略時は”1″とみなす
2日、月
3月、火
4火、水
5水、木
6木、金
7金、土
11
12
13
14
15
16
17

「月、木 休み」など週末番号にないパターンにも対応ができます。

2進数(0か1)の7文字で「週末の文字列」を指定します。

月曜から始まる7文字で、0は稼働日、1は非稼働日とします。

「月、木 休み」の場合は「1001000」となります。

WORKDAY.INTL関数の使用例

今回は2020/7/10(金)を起点日に以下の週末番号・週末文字列を指定した状態で3日後を求めます。

  • 週末番号「1」(土日)
  • 週末番号「4」(火水)
  • 週末番号「17」(土)
  • 週末文字列「1100011」(月火土日)

2020年7月のカレンダーは以下となります。

2020年7月カレンダー

今回は引数「週末」の値によって計算結果が変わるのを確認するため休日は挟まないようにしています。

以下の表を使って引数「週末」の値によって結果が変わるところを確認していきます。

入力表

週末番号「1」(土日)

週末番号「1」を確認します。

以下の計算式をE4セルに入力します。

=WORKDAY.INTL(C4,D4,1,休日)

週末番号「1」の計算式の入力

計算結果は「2020/7/15」となりました。

週末番号「1」の計算式の結果

カレンダーで確認してみましょう。

カレンダーで確認

土日休みの場合は「2020/7/15」が3日後であっていますね。

週末番号「4」(火水)

週末番号「4」を確認します。

以下の計算式をE5セルに入力します。

=WORKDAY.INTL(C5,D5,4,休日)

週末番号「4」の計算式の入力

計算結果は「2020/7/13」となりました。

週末番号「4」の計算式の結果

カレンダーで確認してみましょう。

カレンダーで確認

火水休みの場合は「2020/7/13」が3日後であっていますね。

週末番号「17」(土)

週末番号「17」を確認します。

以下の計算式をE6セルに入力します。

=WORKDAY.INTL(C6,D6,17,休日)

週末番号「17」の計算式の入力

計算結果は「2020/7/14」となりました。

週末番号「17」の計算式の結果

カレンダーで確認してみましょう。

カレンダーで確認

土曜休みの場合は「2020/7/14」が3日後であっていますね。

週末文字列「1100011」(月火土日)

週末文字列「1100011」を確認します。

以下の計算式をE7セルに入力します。

=WORKDAY.INTL(C7,D7,“1100011”,休日)

週末文字列「1100011」の計算式の入力

計算結果は「2020/7/14」となりました。

週末文字列「1100011」の計算式の結果

カレンダーで確認してみましょう。

月火土日休みの場合は「2020/7/17」が3日後であっていますね。

まとめ

上記の使用例で引数「週末」の違いで計算結果が変わっているのがわかってもらえたと思います。

今回は休日を使った例はご紹介していませんが、休日の指定方法や動作内容はWORKDAY関数と同じとなりますので以下のページをご参照ください。

Excel WORKDAY関数の使い方 土日と祝日を含めず指定した日数後を算出する
WORKDAY関数の使い方を説明します。 土日と祝日を...

もっとエクセルを使いこなしたい人にお勧めの本は以下です。
具体的なケースを例示しながら解説してくれているのでとても分かりやすいです。
まさに「最強の教科書」となる1冊です。
興味のある方は是非ご覧になってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました