Excel AVERAGEIF関数 条件付きで平均を算出する

AVERAGEIF関数Excel
この記事は約1分で読めます。

AVERAGEIF関数

AVERAGEIF(範囲,条件,平均対象範囲)
特定の条件に一致する数値の平均(算術平均)を計算します。

Excel 関数の挿入

条件付きで平均を算出するAVERAGE関数です。条件は1つのみで複数の場合はAVERAGEIFS関数を使いましょう。

引数内容
範囲条件の対象範囲を指定します。
条件計算対象とする条件(数値、文字列、式)を指定します。
平均対象範囲数値の入ったセル範囲を指定します。
指定されたセル範囲の数値を使って平均を算出します。

基本的にはSUMIF関数と同様で結果が合計ではなく平均ということになります。

例 以下の表でおにぎりの売上金額の平均値を算出します。

AVERAGEIF関数の例

引数「条件」にはA17セルの「おにぎり」(文字列)が指定されているため、①範囲の中でおにぎりと合致する行に対応する売上金額(数値)と「おにぎり」の登場回数で平均が求められます。

引数「条件」によく使われるのは「数値」「文字列」です。上記のように指定した数値、文字列と同じ内容が「範囲」に設定されているものを計算に使用するということになります。

引数「条件」には計算記号(=、>、<など)を使った「式」が使えます。「記号+値」で指定します。「>=100」の場合は「100以上」といった条件となります。

記号内容数値の例数値以外の例
=一致=100”=おにぎり”
<>不一致<>100”<>おにぎり”
>より大きい>100”>2020/4/1”
<より小さい<100”<2020/4/1”
>=以上>=100”>=2020/4/1”
<=以下<=100”<=2020/4/1”

またワイルドカード(*,?)も指定できます。

記号読み内容
*アスタリスク0文字以上の任意の文字列都道府県の場合
”*府”→大阪府、京都府
”長*”→長野県、長崎県
”*” →全都道府県が対象
クエスチョン1文字の任意の文字列都道府県の場合
”???県”→神奈川県、和歌山県、
    鹿児島県
”長??” →長野県、長崎県
“?” →該当なし

計算式やワイルドカードを指定するといろんな複雑な計算ができます。少しずつ使ってみて覚えていきましょう。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました