Excel ファイルにパスワードを設定する2つの方法

パスワードExcel
パスワード
この記事は約4分で読めます。

Excel2016使用

ファイルにパスワードを設定する方法

人に見られたくないファイルや書込みを一部の人にしたい場合にパスワードを使用して制限をかけることができます。

Excelファイルにパワードをかける方法は2種類あります。

  1. ファイル>情報>ブックの保護>パスワードを使用して暗号化
  2. ファイルの保存時に読み取りパスワード/書き込みパスワードを設定

1つ目のパスワードと2つ目の読み取りパスワードは同じもののようなのでどちらの方法でも構いません。ただし、書き込みパスワードは2つ目の方法でしかかけられません。

ファイル>情報>ブックの保護>パスワードを使用して暗号化

1つ目の設定方法を確認してみましょう。

ファイルタブをクリックします。

ファイルタブ

以下の①情報、②ブックの保護、③パスワードを使用して暗号化を順番にクリックします。

情報画面でブックの保護

ドキュメントの暗号化画面でパスワードを設定します。

パスワードの設定

このパスワードは忘れちゃったらもう開けられないのでご注意ください。

OKボタンを押すと再入力を求められるのでもう一度パスワードを設定します。

パスワードの再入力

OKボタンを押すとパスワードが設定されます。以下のようにブックの保護に「このブックを開くにはパスワードが必要です。」と表示されます。

ブックの保護が有効になる

この状態で「保存」してください。

一度ファイルを閉じて開きなおしてみましょう。

ファイルを開く

パスワードの設定画面が表示されます。

パスワード入力画面

パスワードを間違えると以下のメッセージが表示されExcelファイルが開きません。

パスワード間違い

正しいパスワードを入力すると開きます。

正しいパスワードを入力
ファイルが開いた

解除方法

ファイルタブを開き、設定時と同様に①情報、②ブックの保護、③パスワードを使用して暗号化を順番にクリックします。

情報画面(解除)

ドキュメントの暗号化画面でパスワードを消します

OKボタンを押して、上書き保存すればパスワードが解除されます。

ファイルの保存時に読み取りパスワード/書き込みパスワードを設定

次は2つ目の設定方法を確認しましょう。

ファイルタブをクリックします。

ファイルタブ(2)

名前を付けて保存を選択します。

名前を付けて保存ダイアログ画面の下にある「ツール」をクリックし、プルダウンで表示される「全般オプション」をクリックします。

ツール「全般オプション」

全般オプションの画面で「読み取りパスワード」「書き込みパスワード」

「読み取りパスワード」はファイルを開く許可となります。

「書き込みパスワード」はファイルを開いた後の編集の許可となります。

「読み取りパスワード」は知っていても「書き込みパスワード」を知らない場合は読み取り専用でしか開けません。

どちらか1つでも2つとも設定しても構いません。用途に応じて設定してください。

ここでは2つのパスワードを設定します。

2つのパスワードを入力

OKボタンを押すと読み取りパスワードを再入力する画面が表示されるので、再入力します。

読み取りパスワードの再入力

OKボタンを押すと今度は書き込みパスワードを再入力する画面が表示されるので、再入力します。

書き込みパスワードの再入力

OKボタンを押下すると「名前を付けて保存」画面に戻るので保存ボタンを押して保存します。

名前を付けて保存

上書き保存の注意メッセージが表示されるので「はい」を押します。

上書き確認

一度ファイルを閉じて開きなおしてみましょう。

パスワード入力画面にパスワードを入力しOKボタンを押します。

書き込みパスワードを設定している場合はさらにパスワードを求められます。

ここで書き込みパスワードを知らない場合は「読み取り専用」ボタンで開くことができます。パスワードを知っている場合は入力してOKボタンを押します。

ここではパスワードを入力して開きます。

書き込みパスワードの入力画面

ファイルが開きました。

解除方法

設定時と同様に

ファイルタブ>名前を付けて保存>その他のオプション>ツール>全般オプションを開きます。

全般オプション画面でパスワードを消してOKボタンを押します。

OKボタンを押した後にそのまま保存します。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

パスワードの設定は2つ「読み取り」「書き込み」があり、それぞれ用途に応じてパスワードを設定するようにしてください。

大方は「読み取りパスワード」の設定で済みますが、厳密に「参照できない人」「参照できる人」「編集できる人」を分けたい場合は2つのパスワードを設定してください。

これで大事なファイルが人の目に触れるリスクが軽減されます。

最後にリマインドですがパスワードは忘れないようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました