Excel 四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)とSUM関数

Excel
この記事は約7分で読めます。

Excel2016使用

四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)とSUM関数

Excelでは表計算というくらいなので、四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)が使えます。
初心者の方はまずは計算式の入力方法四則演算の方法をしっかり覚えましょう。

また計算の優先順位も掛け算・割り算から計算、カッコ( )の中を優先など算数で習った通りです。これは書き方だけ知っていれば何となく使えると思います。

さらにここでは「SUM関数」をご紹介します。

SUM関数は指定されたセルの値を合計する関数です。

「合計って足し算じゃん」って思った方、正解です。

足し算してもSUM関数を使っても結果は同じになります、ただし条件にもよりますが関数を使ったほうが便利なことがあるのでそこら辺をご紹介します。

このページをご覧いただければ、以下のことが習得できます。

このページで習得できること
  • 計算式の入力方法
  • 四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)の方法
  • SUM関数の使い方

■計算式の入力方法

まずは計算式を入力する方法をご紹介します。

計算式を入力したいセルを選んで「=」(イコール)を入力して、そのあとに計算式を入力します。

例えば「=1+1」と入力してみましょう

起算式

Enterボタンを押すと計算した結果が表示されます。

計算式(結果)

見た目は「2」と表示されていますが、数式バーを見ると入力した「=1+1」が表示されています。Excelでは計算式を入れると見た目は計算結果が表示されますが、中身は計算式の内容が保持されています。

表示と計算式

計算式にセルを指定することもでき、A1セル、B1セルの値で掛け算する場合は「=A1*B1」という計算式が指定できます。

セル参照による計算1
セル参照による計算2

セルを利用した計算をするのがExcelでは基本的な使い方となります。

先ほどのA1セルの値を「150」に変更してみるとC1セルは変更しなくても値が変わります。

セル参照による計算3

Excelの計算式では見た目と中身が異なるセルとなることを知っておいてください。

同じ数値が表示されていても、固定の値なのか計算式なのかは数式バーやセルをダブルクリックして中身を表示してみないとわからないので、見た目に惑わされないようにご注意ください。

■四則演算

四則演算の記号はExcelでは以下となります。

計算記号記号の呼び方
足し算+半角プラス
引き算半角マイナス
掛け算*半角アスタリスク
割り算/半角スラッシュ

足し算

足し算は”+”(半角プラス)を使用します。
A1セルに「20」、B1セルに「5」が入力されている状態で、C1セルに以下の計算式を入力します。

=A1 + B1

足し算

計算結果は「20+5」の結果、「25」が表示されます。

引き算

引き算は”-”(半角マイナス)を使用します。
A1セルに「20」、B1セルに「5」が入力されている状態で、C1セルに以下の計算式を入力します。

=A1 B1

引き算

計算結果は「20-5」の結果、「15」が表示されます。

掛け算

掛け算は”*”(半角アスタリスク)を使用します。
A1セルに「20」、B1セルに「5」が入力されている状態で、C1セルに以下の計算式を入力します。

=A1 * B1

掛け算

計算結果は「20×5」の結果、「100」が表示されます。

割り算

割り算は”/”(半角スラッシュ)を使用します。
A1セルに「20」、B1セルに「5」が入力されている状態で、C1セルに以下の計算式を入力します。

=A1 / B1

割り算

計算結果は「20÷5」の結果、「4」が表示されます。
割り算をすると小数点以下まで算出されます。

小数点の扱い(四捨五入、切り捨て、切り上げ)についてはROUND関数・ROUNDDOWN関数・ROUNDUP関数を使って思い通りに計算することができます。
詳しくは以下ページをご参照ください。

使用例(掛け算)

掛け算を用いた具体的な例をご紹介します。

以下の表はパン屋さんの売上表をイメージしています。

1行目はタイトル、2行目は「あんパン」の単価と売上数量が数値で入力されています。
そこでD2セルに単価(B2)と売上数量(C2)の掛け算を入力します。

売上表1

「メロンパン」「クリームパン」の行にも同じ計算式を入力してもよいですが、ここではコピー&ペーストを利用します。まずはコピー元のD2セルで右クリックしてコピーを選択します。

D3からD4セルを選択して右クリックして貼り付けアイコンをクリックします。

売上表2

コピー元と同様の計算式が貼り付けられます。

売上表3

D2セルは2行目の単価*数量でしたが、D3セルは3行目の単価*数量になっています。

計算式をコピーするとコピー元から移動した分を考慮してExcelが自動でセルの位置をずらしてくれます。

この機能を「相対参照」といいます。この機能は非常に便利ですが「相対参照」でセル位置が変わることにより計算式がエラーとなることもあるので要注意です。

ここでは計算式をコピーすると対象のセルが自動で変わるということを理解してください。
もちろん変わらないようにすることもできます。
詳しくは以下のページをご覧ください。

SUM関数

さて今度はSUM関数を使ってみましょう。

以下の表のD5セルにカーソルを合わせた状態で合計ボタン(オートSUM機能)をクリックします。

SUM関数1
SUM関数2
SUM関数3

D5セル内に「=SUM(D2:D4)」と表示され、D2セルからD4セルまでが点線の枠で覆われます。この状態でEnterキーを押すと結果が表示されます。

SUM関数4

D2セルからD4セルの値を合計した額が表示されます。今回は合計ボタンを利用しましたが「=SUM(D2:D4)」と直接入力しても構いません。

ちなみにSUM関数は引数の内容を合計する機能のため、計算式で「=D2+D3+D4」と入力しても同じ結果となります。

ただし今回は3行の数字を合算するだけですが、1000行になると足し算では「=D2+D3+D4+・・・・・・・・D999+D1000」と入力が非常に大変になってしまいます。

そこでSUM関数を使えば「=SUM(D2:D1000)」と入力するだけで「D2からD1000の値」が合算されるため非常に便利です。

ただし、SUM関数の場合は引数に数値以外が設定された場合は無視されるため、見た目が数字でも表示形式が「文字列」となる場合は合計されないのでご注意ください。

SUM関数に関する説明は以下のページで行っていますのでご興味のある方は参考にしてみてください。
セル範囲にマイナス値を指定して引算する例もご紹介しています。

関数

ここで少し関数について説明します。

関数を使用するときは

「=関数名(引数)」が基本です。

  • 計算式と同様に「=」(イコール)から始まります。
  • 関数名はSUMとかAVERAGEなどの関数の名称です。
  • 引数は対象の関数に引き渡す値やセルを指定します。

上記のSUM関数「=SUM(D2:D4)」の引数は「D2~D4の範囲のセル」という意味になります。引数は関数ごとに数、内容が変わってくるので使用前に引数の内容を確かめる必要があります。確認の仕方は「関数の挿入」ボタンを使用して対象関数を指定すると説明が表示されます。

関数の挿入
関数の挿入ダイアログ

説明ではSUM関数の引数は(数値1,数値2,…)となっています、これは複数の引数を指定することが可能という意味になります。さらに種類は「数値」となっているので文字は含めることができません。

このように「関数の挿入」を使用して調べながら関数を利用することができます。

「関数の挿入」では検索機能がありますが、個人的にはあまりうまくヒットしない感じがしているので、やりたいことを実現する関数を調べるときはGoogle先生に聞いたほうが早いかと思います。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

関数についてはSUM関数以外にもまだまだたくさんあります。

少しずつ覚えていけばよいかと思います。基本の関数を以下ページでいくつかご紹介していますのでご興味のある方はご覧いただければと思います。

Excel関数(基本)
ここではExcelの関数をご紹介します。 初心者の方は関数と聞いて身構えちゃう人もいるかもしれませんが、SUM関数、AVERAGE関数などの基本的な関数は1つずつ見ていけば意外と簡単です。 まずは1つずつの関数の動きを理解していきましょう。...

Excelをもっと勉強したい方にお勧めの本です。
興味のある方はご覧になってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました